マンション、戸建のデザインリフォーム、リノベーションの提案と施工

今の住まいを生かしたリフォーム提案

リフォームとリノベーションの違い

リノベーションという言葉も最近では一般的に使われるようになりましたが、リノベーションとリフォームの違いがはっきりと区別のつかない方が多いのではないでしょうか。戸建やマンションにかかわらず、建物はいずれ老朽化を迎えます。壊れた個所を修理したり取り替えたり、汚れた部分をきれいにしたりと、元の状態にもどす原状回復工事をリフォームと言います。一方リノベーションとは、改修工事をすることにより元に原状回復するだけではなく、機能やデザイン性を高め新しい形に生まれ変わらせ物件事態の価値を向上させる事を言います。

日本では新築を持ちたいと考える方が多く、古くなった建物はいずれ誰も見向きもしなくなりいずれは壊されるといった状態が長い時代続いています。本当にそれでいいのでしょうか。建物はちゃんと大切に扱って手をくわえてあげると何年でも住むことができますし、いくらだって生まれ変わることが出来ることを知ってほしいのです。海外ではリノベーション済みの物件が新築よりも価値があり人気があるという話を良く耳にします。新築には味わうことのできない自分だけの魅力のある空間づくり、それがリノベーションなのです。

マンションリフォーム

マンションリフォームの特徴

マンションのリノベーションは戸建より工事をする個所が少なく済みます。工事ができるのは専有部分だけ(住居部分のこと)で玄関やベランダに出るサッシからは共用部となり基本触ってはいけません。占有部分は主要構造部 (躯体)とは関係がないので耐震の事を考ずに壁や天井などをすべて撤去したり、大幅な間取り変更や水廻りの移動だって可能です。耐震工事や外構工事が必要でない分、戸建てよりもコストを低く抑えることができるということです。

だた注意する点としては、排水管の位置によって水廻りの移動により、床に段差が出来てしまう可能性があるので間取りを変更する時には気をつけなくてはなりません。またマンションによっては、管理規約にによって工事に対して制限されている場合があります。フローリングにしてはいけないとか、1戸あたりの電気の容量が決まっているので H にしてはいけない等内容は様々なので管理組合に確認が必要です。集合住宅なのですから、上下階に対しての配慮が必要になってくるということです。

過去のリノベーション費用の統計によりますと、戸建よりマンションの方がインテリアや内装にこだわってコストをかける方が多傾向がありました。自由な発想で思い切った空間にチェンジしてみてはいかがでしょうか。

戸建てリフォーム

戸建てリフォームの特徴

戸建てのリノベーションはマンションのような規制がないので、内装や外装をすべて自由に自分好みのスタイルにリノベーションできるのがメリットです。アプローチや庭、玄関ドアやサッシといった建物をまるごとイメージチェンジできるところが戸建てリノベーションの魅力と言って良いでしょう。費用はもちろんマンションより高くなります。

建物の構造は木造が主流ですが、鉄筋コンクリート造や鉄骨造など様々な構造があり、構造によってもリノベーションにかかるコストや維持費が異なります。地盤や基礎を考慮し耐震も考えなくてはならず、耐震診断をして耐震工事が必要となれば数百万円かかる場合もあるのです。さらに、外壁、屋根、ベランダの防水、雨漏りはないか等、メンテナンスが必要な箇所がとても多いのです。

マンションのように毎月管理費や修繕積立金がない分、自己で管理や積立が必要なことを忘れないように注意が必要となります。しかし資産として持つには、土地付きの戸建てはマンションと違い、土地値以下の価格にはならないので、いざという時土地だけで売ることも可能です。将来の資産価値を考えるとメリットが大きいのも事実だと言えるでしょう。